Never say never!!!

徒然なるままに、雑多なことを書きます

クチート+スカーフレボルトの並び

今回は私が好んで使うクチート+スカーフレボルトの並びについて書いていきます。


f:id:kamiyanpoke:20151120072541p:plainf:id:kamiyanpoke:20151120072553p:plain

クチートのお供としてスカーフレボルトを置いた形ですが、この並びの利点は主に2つあります。

1つ目はガブリアスを起点にしやすくなる点です。

クチートを主軸とした構築を使っていると、ガブリアスがPTに入った相手と当たった時に、ガブリアスが選出されることが多いです。


この時に、相手のガブリアスに上手くレボルトを対面させることで、かなりこちらに有利な立ち回りをすることができます。


ガブリアスにレボルトを対面させることで、まず相手のガブリアスの持ち物チェックをすることができます。


こちらのレボルトは拘りスカーフを持っているので、相手のガブリアスに抜かれたらスカーフ持ち、こちらが抜いていた場合は襷、(めざ氷のダメージの入り方によっては)AD鉢巻、その他といった感じに判断できます


ガブリアスの持ち物がスカーフだったり型がAD鉢巻だった場合、こちらのレボルトは残念ながら相手のストーンエッジで倒されてしまいますが、拘りアイテムは1度技を撃つと技が変更できなくなってしまうので、クチートを死に出しすることで剣の舞の起点にできます。ガブの持ち物がラムや鉢巻の場合は、Dに振られたりしていなければめざ氷でそのまま倒せます。


ガブの持ち物が襷だった場合は、レボルトの持ち物がスカーフのためSに極振りする必要が無く、余った努力値をHBに割くことで陽気ガブの岩石封じを2耐えするので、そのままめざ氷で連打で倒せます(岩石封じ+逆鱗だと倒されてしまいますが、逆鱗を打った時点で裏のクチートで起点に出来るので問題ないです)。

または、持ち物が襷と発覚したら岩石封じを喰らった後で即クチートに引くようにすれば、相手はほぼ確実に岩石封じなり逆鱗なりを打ってくるので、ここでの後出しはかなり安定し、そのまま不意打ちで相手のガブリアスを縛ることができます。(襷ステロガブは事故)


2つ目の利点はクチートを使う上で対策必須なバシャーモにを見るために採用される物理受け水枠(ブルンゲルスイクンギャラドスetc…)と特性「ちくでん」を持つレボルトが相性が良い点です。


クチート+物理受け水タイプは、電気技が一貫しており、特にロトムやサンダーが重くなりがちです。レボルトはこの2体に比較的強く、水枠に対して撃たれるであろう電気技に後出しすることで特性「ちくでん」により、体力を回復できて、かなりアドが取れます。

普段は抜かれている化身ボルトにも、スカーフを持たせることで上からめざ氷を撃ち込んで倒すことが可能です。



以上のように、クチートとスカーフレボルトはなかなか相性が良いです。

なかなかという言い回しなのは、ガブリアスの持ち物がスカーフと襷以外だった時、めざ氷でそのまま倒したら相手の裏のポケモンにレボルトが逆に起点にされたりすることが沢山あったからです😅(ですからレボルトが起点にされた時のストッパーとして、PTに襷を持たせたポケモンを組み込む等して各自対策してください)。


この記事を読んだ皆様が、クチート+スカーフレボルトの並びに興味を持ってくださると嬉しいです。


最後まで読んでくださいってありがとうございました!( ´ ▽ ` )ノ


追記

ブログ開設当初に書いた記事を読み返してみたら文章がゴチャゴチャしていてかなり読みづらかったので全体的に記事内の文章を修正(2016/06/04)