読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Never say never!!!

意識が低いポケ勢によるブログ

クチート+浮いた竜の並び

ポケモン

クチート構築を使う上で知っておきたい色々なクチート+竜の並びについて雑に書いていきます。


クチートカイリュー

大体はカイリューに鉢巻を持たせて、優秀な特性を盾に高火力を無理矢理押し付けていくといった感じ。

カイリューで1.5体削り、2体目をクチートの不意打ちで倒して2-1の状態を作るのが理想。

クチートが苦手なバシャーモリザードンウルガモス等に対して、後述する他の浮いた竜よりも有利を取りやすいという点がある。


クチートサザンドラ

これもまた相性補完に優れた並び
クチートを受けにくるポケモンに対してサザンドラが強く、有利対面から通りの良い悪技を打っているだけで相手のPTが半壊することもある。

裏のクチートの圧倒的な圧力のおかげでサザンガブ対面などで居座り流星群を打つと案外決まる。

なにげに電磁波を覚えるので、ゴツメやラムを持たせてクチートをサポート出来たりもする。


クチートラティアス

俗に言う「ラティクチ」
持ち物が判別しづらいことが利点で、主にゴツメ、眼鏡、メガ枠として使われる。

電磁波や癒しの願いなど、クチートへのサポート技が豊富で、クレセリアと似た役割に思えるが、耐久面で遥かに劣るので、ゴツメ持ちでも安易な受け出しなどはできない。
しかし、クレセリアと違いCSの種族値が高いため、起点にされにくく、自らも削り要因になることができる。

裏のメガ枠としても優秀で、クチートが苦手なポケモンの多くを起点にすることができる。


クチートラティオス

妹に続いて兄との並び
高いCSによって上から圧倒的火力の流星群を打って相手のPTを破壊する。

トリックがとても優秀で、相手のガブやマンムーなどに対面から眼鏡やスカーフを押し付けることで、裏のクチートで起点にすることができる。
耐久面は心もとないため、バシャーモリザードンに対しての受け出しはあまり安定しない。

基本的には眼鏡やスカーフを持たせるが、電磁波や置き土産を覚えるので、襷などを持たせてクチートのサポートをすることも可能。


クチートオンバーン

クチート使いの生主さんが使っている並び
どちらかと言うとマイナーで、他の竜たちに対して火力は劣るが、特性「すりぬけ」がクチートととても相性が良い。

クチートを使っていると、不意打ち読みの身代わりを打たれることが多々あり、それによってかなり不利な状況に追い込まれてしまう。
しかしオンバーンの特性「すりぬけ」は、身代わりを貫通して技を当てることができるため、それらのケアをすることができる。

すり替えを覚えるためラティオス達と同じように眼鏡を押し付けてクチートの起点を作ることが可能。


クチートボーマンダ

あまり多くはないクチートマンダの並び
主にメガ、眼鏡、ゴツメ枠として扱う(らしい)。
メガボーマンダクチートの苦手な炎タイプやフシギバナに強く、竜舞の起点にできる。

眼鏡はs14にカピバラさんが使用し、最終レート2155を達成していた。
初見で読まれることがほぼ無く、クチートと自身の威嚇によって物理耐久を補い、クチートが苦手とするHBカバルドンや、ボーマンダが誘うボルトロスロトムに対して眼鏡流星群を打つことで数的有利を取っていく。
ただやはり火力不足は否めないので使い手次第と言ったところ。

ゴツメは威嚇で物理耐久補って毒々と羽休めしてバシャーモなどを圧殺する。
正直ガルーラに対して全然安定しないから弱そう




以上で終わります。
ここまで読んでくださりありがとうございました。
記事について意見質問などがありましたらコメントか@kamiyan26_pokeにリプを送っていただけたらすぐにお答えします。

では👋



フライゴンも浮いてるドラゴンだけどあれ使うぐらいならガブリアス使った方が良い